職場で、ご家庭で、友人の間で、そして、もちろん恋人の間で、チョコレートが行き交うこの季節。考えるべきは、そのチョコレートをいかに楽しむか、です。
想いのこもったチョコレートをそのまま頂くのも、もちろん最高!
しかし、今年はちょっと趣向を変えて、ビールと共に楽しむバレンタインを演出してみてはいかがでしょうか。

「チョコレートとビール?なんか意外」と思うなかれ。実はビール、特に黒ビールとチョコレートは相性抜群。ヱビス プレミアムブラックと共に楽しむ、ちょっと大人のほろ苦いバレンタインの秘策を、製菓の専門家に聞いてみました。ビール好きならではの、バレンタインの楽しみ方やいかに?

色が導く、ビールとチョコレートの素敵な関係

2016_42_01

チョコレートに詳しい人
お菓子・料理研究家 熊谷真由美さん


大学卒業後、パリの料理専門学校で学び、最高免状を取得。その後も料理・製菓を学び、東京のフレンチレストランに勤務後、料理研究家として独立。料理教室、お菓子教室『ラクレムデクレム』を主宰する他、レシピ本も多数執筆。定期的に欧州を訪問し、最新のスイーツ事情にも明るい。

-チョコレートとビール、なんかあまり馴染みのない組み合わせに感じますが・・・。

熊谷:お酒とスイーツは、実は相性がいいんですよ。ラムレーズンをおつまみに、ワインを楽しむといった組み合わせはよく知られていますよね。ですからビールとチョコレートを組み合わせることも全く不自然ではありません。黒ビールを使ったケーキのレシピがあるくらいですから。

-特に、黒ビールとチョコレートの相性がいいのはなぜなのでしょうか?

熊谷:チョコレートの味を想像してみてください。味わいのベースにあるのは甘みと苦みです。では、黒ビールはいかがでしょうか。同じように苦みと、ほのかな甘みが楽しめるビールですよね。チョコレートと黒ビールはこうした味わいの要素に共通点が多いんです。共通項が多い飲み物と食べ物は往々にして素敵なマリアージュが楽しめるんです。

2016_42_02

-なるほど。ヱビス プレミアムブラックのローストされた麦芽がもたらす芳ばしさ、苦み、ほのかな甘み。こうした要素は確かにチョコレートにも通じる部分がありますね。なんだか色も似ているし(笑)。

熊谷:いやいや、色は実はマリアージュを考えるうえで大事な要素なんですよ。マリアージュを生み出す考え方にはいろいろな方法がありますが、同じ色合いの飲み物と食べ物を合わせる、というのは参考にしやすい方法の一つです。赤身のお肉と赤ワイン。はたまた、白身のお魚と白ワインが合う、というのはよく知られています。どちらも、飲み物と食べ物の色合いが似ていますよね。このように、同じ色合いのものはマリアージュを奏でやすいんです。ですから、チョコレートと黒ビールもオススメしやすい組み合わせなんですよ。

プロ直伝!黒ビールに合うチョコレートを選ぶコツ

-ヱビス プレミアムブラックをゲットした。あとはこのコクと苦みにマッチするチョコレート選びです。でも、お店の棚にはチョコレートがたくさんあって、どれを選べばいいのか分からない。こんなとき、どうやってビールにマッチするものを選べばいいのでしょうか。

熊谷:そんなときは、ある指標を用いると便利ですよ。指標とはカカオ含有量です。

2016_42_03

-そんな数値があったんですね。初耳です・・・。

熊谷:お菓子作りの素材としてチョコレートを選ぶ際、私たち料理家も大事にしている指標なんですよ。メーカーによって違いはありますが、カカオ含有量が多ければ、ビターな味わいで、逆に少なければ甘みが強いチョコレートと読み取れます。最近ではカカオ含有量を明示しているチョコレートが増えてきているので、選びやすくなっているんですよ。

-では、熊谷さんがヱビス プレミアムブラックに合わせるとしたら、どのくらいのカカオ含有量のものを選びますか?

熊谷:そうですね、55〜65%くらいのものが合わせやすそうですね。ビールの味わいをよりクッキリと楽しむためには、チョコレートの味が強すぎない、つまり甘すぎず、苦すぎないものがいいと思います。その意味で、55〜65%くらいのカカオ含有量のものはバランスがいいんです。チョコレートムースを作るときにも、このくらいの数値のものが選ばれます。

チョコレートと黒ビールをもっと楽しむための一手間

-チョコレートをそのまま食べるのも美味しいのですが、ちょっと手間を加えて、もっとヱビス プレミアムブラックを楽しむためのワザってありますか。しかも、簡単な一手間で・・・。

熊谷:なかなかワガママなリクエストですね(笑)。でも、気持ちは分かります。では、こんな一工夫はいかがでしょうか。

2016_42_04

-チョコレートにチーズ、ですか?

熊谷:そう、チョコレートカナッペです。薄いチョコレートの上に、ブルーチーズ、今回はゴルゴンゾーラをのせてみました。もう一つはカマンベールチーズです。

-これは意外な組み合わせですね。なぜチーズをチョイスしたのですか。

熊谷:チーズとお酒の相性の良さは皆さん知るところでしょう。しかし、チョコレートにもチーズは合うんです。チーズの塩気が、チョコレートの甘みと苦みを引き立てるので、とてもいいコンビネーションです。そしてチョコレートの味わいと、チーズの塩気が黒ビールの味わいを引き立てるんです。

-これならチーズとチョコレート、そしてヱビス プレミアムブラックを用意するだけで手軽に楽しめそうですね!

熊谷:チーズがあるだけで、少し大人の雰囲気が楽しめます。海外のショコラティエではキャビアを練り込んだチョコレートもありますが、塩気を少し加えるとチョコレートもビールも一層楽しめますよ。

-ナッツ入りのチョコレートのようなものですね。

熊谷:そうですね。チョコレート40gほどを600Wの電子レンジで30秒ほど加熱して、半練り状にし、ナッツやクルミなどお好みの素材を練り込むことで、簡単にオリジナルチョコレートが作れるんですよ。これだけで手作り感が楽しめる上に、ナッツ類の塩気がいいアクセントになって、黒ビールがもっと味わい深くなると思います。

-これなら簡単にできそうですね。女性から男性へのプレゼントとしてもよさそうですし、男性が家でチョコレートを楽しむ方法としても取り入れやすそうです!

熊谷:ワインとチョコレートを合わせる際は、ボディ感(味わいの豊かさ、力強さ)のあるワインを選ぶのがセオリーです。黒ビールもボディ感のあるビールですので、チョコレートと合わせると新鮮な味わいが楽しめると思います。ぜひ試してみてください。

-よく分かりました。ヱビス プレミアムブラックを手に入れて、家でトライしてみます!チョコレートをもらえるかは分かりませんが(笑)。

2017_black_
チョコレートに合わせたい、ヱビスの黒の豊かなコク奥深いチョコレートの味わいを一層楽しむなら、ヱビス プレミアムブラックが絶対オススメ。炭火でローストされた麦芽がもたらす、贅沢な黒ビールを口に含めば、芳ばしい香りと共に、豊かなコクが広がります。ちょっと贅沢なバレンタインを楽しむには贅沢気分が味わえるヱビスの黒をどうぞ!