今日も一日、お疲れさまです。帰宅して、ルームウェアに着替えたら、キンキンに冷やした缶ビールをプシュッと開けて、グビリとやるのが至福の時、なんて人も多いでしょうが・・・、ちょっと待った! 実はそれ、ビールの真の美味しさを知らないままかもしれません。

まず知っていただきたいのは、缶ビールはグラスに注いだほうが断然美味しくなる! ということ。缶からグラスにビールを注ぎ、適度に炭酸を抜くことで、口当たりがよりまろやかになり、さらに麦芽のうま味やコクをより豊かに楽しめるようになるのです。そして重要なのは、ビールの泡。これがいわば「フタ」の役割を果たし、ビールの酸化を防いでいるのです。

「ただグラスに注げばいいんでしょ? そんなの簡単だよ!」とお思いの方、グラスに注ぐそばから、みるみるうちに泡が消えてなくなっていく、なんてことはありませんか? そう。正しいビールの注ぎ方には、ちょっとしたコツがいるのです。今回はその秘伝の注ぎ方を、「ヱビスのエキスパート」であるヱビスビール記念館のブランドコミュニケーターに教えていただきましょう

美味しいビールは「三度注ぎ」が鉄則!

23_01

用意するのは、缶ビール1本とグラス1つ。たったこれだけです。わかりやすいようにヱビスビール特製タンブラーを使っていますが、ある程度高さのあるグラスでしたら、お手持ちのものでかまいません。ただし、ここで鉄則があります。それは、

油分厳禁! キレイなグラスを使うこと。

皆さんいつもお皿やフライパンを洗うスポンジを、そのままグラスを洗う時にも使っているかもしれませんが、今日からぜひ、「グラス専用のスポンジ」を用意してください。グラスをキレイに洗浄するだけで、ビールの泡立ち方が格段に違ってくるのです

注ぎ1 ビールを十分に泡立てる

23_02

グラスの上、だいたい30cmの高さから、一気にビールを注ぎましょう。ためらうことなく、勢いが大切です。ここでしっかりと泡立てることで、ヘタリにくい、きめの細かい泡を作っていきます。グラスの9割くらいの高さまで注いだら、いったん注ぐのをやめて、泡とビールの割合が1:1になるまで待ちましょう
23_03

グラスいっぱいの泡が・・・
23_04

このくらいになるのが目安です。

注ぎ2 ビールを追加する

23_05

再び、グラスの9割くらいの高さになるまで、ビールを注いでいきましょう。この時に重要なのは、先ほどのように勢いよく!ではなく、泡を壊さないように、そっと注いでいくことです
23_06

9割まで注いだ後は、泡とビールの割合が4:6くらいになるまで待ちましょう

注ぎ3 ビールを注ぎきる

美味しいビールまでもう一息! 残りのビールを注ぎましょう。先ほどと同様にゆっくりと注いで、泡を持ち上げるイメージで。最終的に泡とビールの割合が3:7になることが目標です
23_07

グラスのフチまで泡が届いてもそのまま注いで・・・
23_08

まだまだ! しっかりした泡なので大丈夫!
23_09

ビールを注ぎきりました! 泡とビールの割合も3:7です!
23_10

かくしてつくられたなめらかな泡は、グラスを傾けてもこぼれません! ついに美味しいビールの完成です!

正しい姿勢でビールがさらに美味しく!

23_11

では、さっそく、といただくその前に、お伝えしたいことがもう一つ。それは、ビールの正しい飲み方です。取っ手がないタイプのビールグラスの場合、体温でビールが温まってしまわないように、グラスの底に近い部分を親指・人差し指・中指の3本で持ち、底を軽く薬指と小指を添えて支えましょう

飲む時の姿勢にもポイントがあります。背すじを伸ばし、脇を締め、胸を張ってみてください。そうすると、のどの奥が開きます。そのタイミングで、グラスを手に!上唇で泡を押さえ、液体だけを喉にかけるように流し込めば、いつもよりなお一層、ビールのなめらかなのどごしを感じられることでしょう。

泣く子も黙る三度注ぎ、そして正しい姿勢で飲む、という「ビールを美味しく味わう方法」を身につけてしまうと、きっとあなたは缶ビールにそのまま口を付けることを、もったいなく感じるようになるかもしれません。家飲みの至福の時を、さらに楽しむためのひと工夫。今日から試してみてはいかがでしょうか。