2017_tc08_cover

カラカラに乾いた喉をビールで潤す!その瞬間が最高に幸せな夏がやってきた。

片手には、黄金に輝きクリーミーな泡をたたえる「ヱビスビール」。お供には、夏が旬の食材を迎えて、グビッと喉を鳴らしたい。

「ヱビスビール」と旬の食材を使った絶品料理で、夏の至福のひと時を存分に味わおう!

このウマ辛がクセになる!生ビールおかわり!『中国料理 礼華』


「山梨県産健味どりの唐揚げ 朝天唐辛子炒め」(ハーフ1,500円)と「生ビール(ヱビスビール)」(750円)の相性は抜群

モダンなプレゼンテーションで旬の食材を活かすコース料理が人気の『中華料理 礼華』。

この店で夏に必ず味わいたい逸品は、「山梨県産健味鶏の唐揚げ 朝天唐辛子炒め」。見ただけでも冷えた生ビールが欲しくなるメニューだ!

唐辛子を鍋に入れ、香りと味を引き出してから揚げた鶏肉を絡めて完成。激辛に見えるが、上品な辛さと唐辛子のスパイシーな香りをまとった鶏肉の旨みを楽しめる料理である。

「この料理をお食事の中盤で頼まれるお客様もいらっしゃいますが、それまで別のお酒を飲まれていても食べた瞬間にヱビスビールを頼まれますね」とマネージャー兼ソムリエの上村公子さんは語る。


「鮎の春巻き2色ソース」(1本1,500円)に添えられた鮎の骨せんべいはオーブンで2時間焼きあげているため香ばしさが際立つ。/「豆腐の四川風辛子煮込み」(1,600円) ※期間限定メニュー

旬の食材を使用するコース料理からもおすすめを2品ご紹介。まずは和歌山県産鮎を使用した「鮎の春巻き 2色ソース」。ひと口頬張ると、鮎の旨みが広がり食感の楽しさを感じられる。

皮のカリッとした香ばしさに、鮎のふっくらとした身の食感、身の間に卵に見立てて入れられたクスクスにうるかを和えた具と、さまざまな口当たりで鮎の美味しさを堪能することができる。

2品目は「豆腐の四川風辛子煮込み」。四川では牛肉を使用する辛子煮込みをアレンジし、あっさりと野菜と豆腐のみで仕立てた。

夏が旬の枝豆やひよこ豆など数種類の豆が清涼感も演出してくれる。ニンニク、胡麻、唐辛子にピーナッツ油で香りをたてる。上品な辛みに食欲がそそられる。


新宿御苑の目の前に佇み、店内からは庭の緑が涼しさを演出

言わずと知れた中華の名店『中華料理 礼華』。自慢のフカヒレ料理はもちろん、紹介した季節ごとの旬を取り入れた料理など90種以上のアラカルトが揃うのも魅力。

上村さんはご自身もビール党だけあり、「キレ味だけでなくしっかりと旨みとコクのあるヱビスビールは、味に幅のある中華料理に合わせるのに最適。辛みにはもちろん甘みのある料理にも合うんです」と語ってくれた。

ほど良い刺激とともにキンキンのビールを楽しみたい日に、訪れたい名店だ。

匠の技と夏の旬!一貫ごとに目を閉じて味わいたくなる『銀座 鮨 おじま』


北海道産まぐろの漬け、東京湾の煮蛤、熊本県産の新子(しんこ)、宮城県産のマコガレイ、佐賀県産の赤うに、長崎県・五島産の穴子、淡路島産の鯖を使用した棒寿司、玉子の8貫

「旬」を楽しめる料理の代表格として、まず浮かぶのは「鮨」ではないだろうか。

2011年11月に銀座に誕生して以来、本物の鮨を提供し続ける『銀座 鮨 おじま』の店主・尾嶋琢広氏に夏の旬を伺った。

どの握りも尾嶋氏の技を感じることができる品ばかりだが、この時期注目したいのが「新子」だ。

小肌に成長する前のネタ「新子」は、夏の始まりから8月ごろまで限られた時期にしか市場に出回らず、高価でもあり入手も困難。

大きさも数㎝ほどしかない小ささのため、熟練した寿司職人でなくては扱えないことも、「新子」が鮨通に好まれる由縁だ。夏が始まるとその「旬」を感じるために、いそいそと鮨屋に出かけたくなる。


一番人気の「おまかせコース」(15,000円~)のなかで提供される2品

こちらはつまみも逸品ぞろい。尾嶋氏の『なだ万』などの名店でのキャリアを活かした一品料理は、思わずため息が漏れそうになるほどの美味しさなのだ。

今回は2品を紹介。まずは、千葉県産ノドグロと、旬の無花果という意外な組み合わせである「のどぐろと無花果焼き みどり酢かげ」。口に入れるとノドグロの脂と、無花果の甘みが見事に融合。さっぱりと作られたソースの味わいもいい仕事ぶりだ。

続いては「アワビの柔らか煮 肝ソースがけ」。千葉県産の肉厚な7~8年もののアワビは、噛みしめる度に旨みが溢れ出す。食べ終わった後には、残った肝ソースにシャリを入れてリゾットにして楽しめるというのも嬉しい。


無駄な装飾を排除した地下2階の店内は、本物の風格を漂わせる潔いまでの清潔感

尾嶋氏自らが築地で仕入れるネタと、山形県産の寿司専用米である「笑みの絆」の古米を使用し、赤酢でしめたシャリ、そして一品料理。その全てからご主人の誠実な仕事が伝わってくる。

尾嶋氏の握る鮨は、とても繊細な味わい。この儚い美味しさを、そっと引き立ててくれるのがヱビスビールだ。「昔から製法を変えず同じ味を守り続けているヱビスビールは、古き良き銀座という場所にも合いますし、鮨の味にも良く合います」と尾嶋氏。

銀座で「旬の味を満喫できる鮨」の名店で、ヱビスビールを飲み交わせば、あらためて夏の訪れを感じることができるだろう。

「トマト×すき焼き」という罪なほど旨い組み合わせ『三田 ばさら』


「トマトすき焼き」(1人前6,000円 ※注文は2人前~)。肉質が極上肉にランクアップし、懐石も堪能できる「トマトすき焼き懐石」10.000円もおすすめ

夏に食べたくなる野菜のひとつ「トマト」。予約の取れない名店『三田 ばさら』の「トマトすき焼き」は、夏でもビールとともに味わいたい!

牛脂の代わりに鍋にオリーブオイルとニンニクを敷き、大玉のトマトと玉ねぎを並べ、そこに甘辛な割下をジュワッと注ぎ込む。鼻腔をくすぐる甘く香ばしい湯気だけでもビールが進んでしまうだろう。

煮込んでもさっぱりとしたトマトの酸味を楽しめるよう、甘みよりも酸味が強めのトマトを使用。割り下は、なるべくさっぱりと味わってもらえるようにと、甘みをおさえた仕上がりになっているのもビール党には嬉しい!


この日の前菜「季節の八寸」は「冬瓜の旨辛煮そぼろ餡掛け」、「岩もずく」など6品。コースはこの他にサラダと水菓子が付く

「トマトすき焼き」の前には前菜「季節の八寸」も味わえる。トウモロコシ、冬瓜、もずくなど旬の食材を随所に使用し、ひとつひとつ丁寧な仕事ぶりを感じることができる。

なかでも「トマトの蜜煮」はトマトのお酒で炊き、そのお酒で作ったジュレをかけて仕上げた涼しげな一品。トマトすき焼きとはまた違った、トマトの美味しさを楽しめる。

黄金色のヱビスビールに、この清涼感のある前菜が目の前に並んだら箸も杯もとまらなくなってしまうはず。


広々と落ち着いた雰囲気に名店の風格を感じる店内は58席を備える

調理はすべてスタッフが担当してくれるので、鍋の世話に気を取られず食事相手との会話を楽しめるのもこの店の魅力。

夏にすき焼き?と思うことなかれ。夏にこそ食べたいトマトの甘みと酸味の絶妙なマリアージュを、ぜひヱビスビールとともに楽しんで欲しい。