39階からの景観は抜群! デートにピッタリのレストランばかりだ

恵比寿になじみがある人なら「とうとうガーデンプレイスのレストラン街、完成したんだ!」と喜ばしいニュースではないだろうか。

2017年8月26日(土)に恵比寿ガーデンプレイスタワー38・39 階レストランフロアDINING&SKY 「TOP of YEBISU」がグランドオープンした!

今回は「大人の遊び場」をイメージし、カジュアルなストリートを演出した39階から新店の3店舗を紹介。日本初出店から世界一の味まで注目店が揃い踏みだ!

最も注目のタイ料理名店が日本初上陸!『Longrain』


(写真奥)ココナッツシュガーを使用した特製ドレッシングも絶品の「エッグネット ビーンスプラウトサラダ」(写真手前)トラも泣くほど辛いという料理の特徴からその名がついた「クライングタイガー 牛ハラミのグリル ホット&サワーソース」

本場シドニーでは常に満席という大人気店が、ついに日本初上陸!シドニー発のモダン・タイ・レストラン『Longrain』だ。

この店はプレゼンテーションの仕方も個性的で、モダン。それはスペシャリテといえる「エッグネット ビーンスプラウトサラダ」のビジュアルからも伺える。

こちらはタイの伝統的な宮廷料理であるオムレツからヒントを得て作られた料理だという。

卵をふんわりとネット状に焼き上げた中に、豆もやしや海老、豚肉、ミント、パクチー、ココナッツなどを包んで仕上げたもの。ネット状の卵を崩しながら、中身と混ぜ合わせて召し上がれ。

見た目だけでは、どんな料理なのか想像できない、ワクワク感を楽しめる逸品だ!


「オーストラリア産車エビのグリーンカレー」。カレーペーストから厨房で調合するため、香りが良く、色合いも鮮やかに仕上がるという。

「クライングタイガー 牛ハラミのグリル ホット&サワーソース」も、レアな焼き加減の牛ハラミとソースの赤さがビビットな見た目を演出。チリとライムを使用したオリジナルソースを付けながら味わえば、生ビールがグイグイ進んでしまうだろう。

食事の最後には「オーストラリア産車エビのグリーンカレー」をぜひ。スパイシーで一度食べたらクセになる味わいである。

自身も食事の最初はビールが多く、日本のビールも大好きだというオーナー・サム・クリスティ氏は「今日紹介する料理ならば、クライングタイガーとビールの相性は抜群」と語る。


シドニーを思わせるようなデザインに仕上げられた店内。39階という眺望と全160席という開放的な店内には日本独自の要素も取り入れられている

プロデュースしたのは、シドニー出身のオーナー・サム・クリスティ。彼が料理を作る上でもっとも大切にしているのはspicy(辛さ)・sweet(甘み)・sour(酸味)・salty(塩気)のバランスだという。

タイ料理と聞くと、この4つのうちどこかによった味わいの料理が多い印象があるが、『Longrain』の料理はそうではない。全ての味わいのバランスが絶妙に保たれているのだ。

そんな繊細な料理だからこそ合わせたいのはヱビスビール。料理の味わいを引き立てるヱビスビールは、このバランス抜群のタイ料理に最適なのだ。

今までタイ料理に苦手意識があった人でも、この店を訪れれば印象が変わるはず。この機会にぜひ訪れて欲しい名店だ。

注目のレストランばかり!どの店に入るのか迷ってしまう!

世界チャンピオンのピッツァが恵比寿で食べられる!『BOCCIANO』


「ピッツァ・サポリ・デル・スッド カンピオーネ」(2,052円)。チーズ、サラミ、ミニトマト、バジル、唐辛子といった南イタリアの伝統的な食材を組み合わせたピッツァは、食材ひとつひとつが絶妙なバランスで存在。生地とともに口に入れた瞬間、計算しつくされたような旨みが炸裂する

四国・愛媛や瀬戸内の食材を使った料理を提供するイタリアンレストラン『BOCCIANO』。同店でまず味わいたいのは、特注の石窯で作るナポリピッツァだ。

入店するとすぐ左手に石窯が出迎え、次々にピッツァが焼き上げられていく様子に、ビール欲をそそられずにはいられない。

なかでもおすすめはチーズやサラミ、バジル、唐辛子などがふんだんに乗った「ピッツァ・サポリ・デル・スッド カンピオーネ」だ。

このメニューこそ、有光総料理長が「PIZZA WORLD CUP 2012」で世界チャンピオンに輝いた逸品!この味を求めて『BOCCIANO』を訪れる人も多い。


「愛媛県産 伊達マグロのカルパッチョ」(2,138円 ※1日5食限定

ピッツァの焼き上がりを待つ間には、瀬戸内の食材で最初の一杯を飲み干したい。

1日5皿限定の「愛媛県産 伊達マグロのカルパッチョ」は、同店を訪れたなら頼んでおきたい料理のひとつ。

銀座の高級料亭でなくては入手困難と言われるほど、人気の伊達マグロ。有光氏の出身地・愛媛県の人脈を活かし、やっとの思いで仕入れに至ったシェフ肝いりの料理でもある。

幼魚の頃から天然に近い状態で、脂にいい餌を与えて育てられた伊達マグロは、良質な脂がほどよくのったまるで天然本マグロのような味わいが特徴。

味付けはシンプルにレモンと塩、イタリア産オリーブオイルのみ。野菜も香りの強いものは避け、食感を重視して選ばれており伊達マグロの美味しさを存分に楽しめ一皿に。

脂ののった伊達マグロをじっくり味わい……その旨みをヱビスビールが引き立て、その後ピッツァ運ばれてくる頃には、「もう一杯!」と言いたくなるはず。


気軽にふらっと立ち寄れるカウンター席から個室まで備え、使い勝手の良さもいい

今後も愛媛を中心に瀬戸内の旬を感じられる品が続々登場する予定だという。

「愛媛県産の栗や、キノコなど秋に旬を迎える食材を使用したメニューも考案中です。特に栗はリゾットにするととても美味しいので、ぜひ提案していきたいですね」と有光氏。

料理人歴20年というキャリアを持つシェフは「PIZZA WORLD CUP 2012」以外にもピッツァコンテストで輝かしい成績を収めているが、それらは全て「お客様においしいものを提供したい」という“本物”の想いから生まれたもの。

だからこそ同じ“本物”の精神が息づいた「ヱビスビール」が、ピッタリと寄り添うのである。

皮はパリッと、中はジューシーなチキンが絶品 『ROTISSERIE ☆ BLUE』


「ロティサリーチキン」(Full 3,500円、Half 1,800円)。葡萄の種からとったマスタードや、小豆島産のオリーブハーブソルトなどを付けて召し上がれ

『ROTISSERIE ☆ BLUE』の名物は、特注のマシーンで焼き上げるロティサリーチキン。

誰もが注文するというこの逸品は、パリッと香ばしい皮から旨みがギュッと凝縮され、身は余分な脂がちょうどよく落ち、その全てが絶品である。

美味しさの秘密は、仕込み段階にも隠されている。ロティサリーチキンに使用するのは柔らかく、ジューシーな肉質の岩手県産みちのく清流どりの雛鳥のみ。

これを丸一日、塩とローズマリー、タイムなどを使用した特製オイルに漬けこむことで、鶏肉にしっかりと味を付けるのだ。

そして特注のロティサリーマシーンで約1時間かけてじっくりと火入れしていき完成。噛むほどに旨みが口に広がる鶏肉はこうして生み出されている。


「ミニトマトとモッツァレラチーズのサラダ」(900円)。3種のトマトを使用しており、彩りも豊か。バジルが効いた前菜にも、食間にも合わせやすい一皿だ

「ローストされた鶏肉の香ばしさとヱビスビールとの相性は抜群ですね」と店長の三浦氏。ハーブやグリル野菜が添えられ、迫力のビジュアルで登場するロティサリーチキン。

そんなメインディッシュを待つ間には、フランスの郷土料理をイメージしたサイドメニューをご賞味あれ。

今回は「ミニトマトとモッツァレラチーズのサラダ」をセレクト。彩り豊かな料理を前に、39階からの絶景を眺めて生ビールをグイッと飲み干せば、最高の気分を味わえるだろう。


店内は温かみのある空間を演出

『ROTISSERIE ☆ BLUE』では、フランス・ブルターニュ地方発祥のガレットや、ドフィネ地方の郷土料理であるグラタンなど、気軽なビストロとして立ち寄れる料理も豊富。仕事終わりに友人と一杯飲むのにも重宝しそう。

しかし、同店を訪れたら「ちょっと一杯」のつもりでも、チキンが焼き上げられるいい香りに誘われて生ビールとともに、ロティサリーチキンも追加オーダーしてしまうだろう。

絶品料理でお腹も満たされ、39階からの天空の夜景に酔う…、恵比寿イチの大人のグルメスポットの誕生だ!