2017_yes10_03_cover

恵比寿ガーデンプレイスタワー38・39 階レストランフロアDINING&SKY 「TOP of YEBISU」が、8月にリニューアル!

話題のレストランはもう行った?注目のグルメゾーンには、老舗が手がけた新スタイルレストランからシーフードが絶品の新店まで注目店が目白押し。

この秋に絶対味わいたい、最旬のメニューをご紹介しよう!

老舗中華が手がける新店で「とりあえずビール!」『LUCIS GARDEN 恵比寿 by TOH-TEN-KOH』


(写真奥)「よだれ鶏~8年熟成黒酢風味~」(1,400円)。「よだれ鶏」は、四川料理であり黒酢が入ることはほぼないそうだが、この店ではまろやかさを出すために敢えて黒酢を入れているという。(写真手前)「旬の青菜の強火炒め」(1,700円)

調理中の活気と熱気が客席まで届く広々としたカウンターキッチンが出迎える『LUCIS GARDEN(ルーキスガーデン) 恵比寿 by TOH-TEN-KOH』。

まずは乾杯のビールを飲み干しつつ、大山鶏を使用した「よだれ鶏~8年熟成黒酢風味~」を味わいたい。

鶏肉は低温で時間をかけてじっくりと火を入れていくため、しっとりとした食感に仕上がっている。そこに自家製辣油、8年熟成黒酢などで仕上げられたソースが寄り添い、程良い辛味がクセになる。

続いては「旬の青菜の強火炒め」。今の時期はロメインレタスを使用している。旬の時期により、チンゲン菜や蛙蛙菜(ワーワーサイ)など、違った味わいが楽しめるのも嬉しい。

そして上から上品にかけられたソースにも注目。豆乳ソースに腐乳を混ぜ、酸味、塩味そして豆乳のもつ自然な甘みが絶妙なハーモニーを生み出し、青菜の味わいを引き立ててくれるのだ。


「三元豚の彩菜黒酢酢豚」(1,800円)。試行錯誤の末辿り付いた、さまざまな食材の組み合わせにより最後まで飽きずに食べられる

豊富なメイン料理から今回選んだのは人気の「三元豚の彩菜黒酢酢豚」。このメニューでは面白い旬が味わえるのだ。

しっかりと肉の食感を楽しめるよう豚の肩ロースを使用しつつ、酢豚には珍しく、これからの時期に旬を迎える、さつま芋や蓮根を合わせるのも特徴。

さつま芋のコクのある甘さと、カリッと揚げられた三元豚のハーモニーはここでしか味わえない逸品だ!

酢豚のソースの隠し味として加えられるマンゴーソースや、鎮江(ちんこう)黒酢を絶妙なバランスで調合する技は、“世界屈指の中国料理の殿堂”と言われた『東天紅』ならではと言えるだろう。


言わずと知れた老舗が挑む新しいスタイルの中華を開放的な空間で楽しめる

昭和36年(1961)に上野に創業した老舗『東天紅』がプロデュースしたこちらの新店は、大人の為のお酒と共に楽しめる伝統の味にアジアンテイストを融合させたスタイリッシュ中華がテーマ。

やはり中華料理店ということもあってか、最初の一杯はヱビスビールを飲まれるお客様が多いそう。ビールと油の相性はやはり抜群。

なかでもヱビスビールは、食材の味を邪魔することなく引き立ててくれるビールであり、この店の繊細な味わいの中華料理にもぴったりだ。

食欲の増す秋に、ヱビスビールを片手に美味しい中華を味わうひと時は、至福をもたらしてくれるだろう。

鮮度抜群!旬のシーフードを堪能しよう『South』


「シーフードプラッター」(2~3人前3,800円)。オーストラリア産と国産オイスターの食べ比べも楽しめるのも嬉しい。10月に旬を迎えるオイスターの美味しさをじっくりと味わうのもいい

オーストラリアから調達される鮮度抜群のシーフードを使用した料理を楽しめる『South(サウス)』。

ディナーメニューのイチ押しは「シーフードプラッター」だ。大皿にぎっしりと盛られた豊富な種類のシーフードにテンションが急上昇すること間違いなし。

これからの時期、どうしても食べに行きたくなる旬の牡蠣を中心に盛り付けられている。この日は「オーストラリア産のロックオイスター」、「国産オイスター」がラインナップ!

ほか、「カジキマグロ」、「シュリンプ」、「NZ産グリーンマッスル」、「タスマニアトラウト」、「カラマリ」、「サーディン」の全8種。オーストラリア産だけでなく、国内漁港直送の旬の魚介も取り入れられ、魚によって最適な調理法を施しているという。


「Surf&Turf カナディアンロブスターとAUS産Wagyuのグリル」

ビールと合わせるならば、オーストラリアで育った和牛を使用する「Surf&Turf カナディアンロブスターとAUS産Wagyuのグリル」がおすすめ。

肉汁を閉じ込めるよう、しっかりと寝かせながら焼き上げていく牛肉は、ナイフを入れた瞬間に肉汁が溢れ出す。ミディアムレアな焼き加減も絶妙で、肉汁を使ったコクのあるソースとの相性も抜群だ。

カナダ直送のロブスターは、カナディアンロブスターの味わいを引き立てるように、バターとレモン、卵黄で作られるオリジナルのオランデーズソースをかけていただく。プリッとした食感が堪らなく、何度でも口に運びたくなる。


ランチにはサラダビュッフェも提供。新鮮な野菜も楽しめる

実はオーストラリアはシーマーケットと呼ばれる、日本の築地のような市場もあり、美味しい海鮮が豊富に採れる場所である。

そのことをもっと多くの人に知って欲しいという想いも込め、シーフード料理を豊富に揃えるのが『South』の特徴。もちろん、シーフードだけでなくオーストラリアらしい豪快な肉料理も味わえる。

オセアニアの大地と海の恵みで作られるシーフードと肉料理。そこにヱビスビールを合わせれば、そのどちらの味にも寄り添い、ディナータイムを、さらに充実した時間へと導いてくれるはずだ。

天ぷらは食材を活かす蒸し料理だ!『恵比寿 天ぷら 魚新』


「天ぷら 竹コース」(1人前4,000円~)※松茸はアラカルトで要追加注文。塩、レモン、天つゆの3種楽しめる。海老の1本目はレモンと塩、2本目は大根おろしたっぷりの天つゆで味わうのが料理長のおすすめ

油とビールという罪なほど旨い組み合わせ。その王道とも言えるのが「天ぷら×ビール」だろう。

そんな美味に酔いしれたい日には『恵比寿 天ぷら 魚新』へ。カウンターに座り、好みの品を注文しながら最初の一杯を!

油のなかで食材が揚げられていく、パチパチという食欲をそそる良い音色に耳を傾ければ、それだけで杯が空いてしまう。

食材をシンプルに提供するのが天ぷら。揚げているとはいっても、実は食材を衣で包み、脱水しながら蒸し上げる「蒸し料理」である。そのため如何に衣に穴を空けず、丁寧に揚げていくかに職人技が光るのだ。

途中で決して味見ができない天ぷらは、熟練した職人でなくては任せられない料理であり、それだけ味わう価値も高い。


「天茶」。コースのシメは天丼などから選ぶことができる

この日注文したのは、「茄子」、「海老」、「松茸」、「銀杏」、「穴子」、「青唐」の6品。

注目は、旬の「銀杏」。銀杏の外殻を割り、水から火を入れて、湯が沸いたらすぐに取り出す。皮をむき、銀杏で絹さやをはさみ、揚げて完成。ふっくらと揚げられた、銀杏のふくよかな香りが秋を感じさせてくれるだろう。

たっぷりと天ぷらとビールの幸せを味わったなら、シメにはぜひ「天茶」を注文したい。

昆布茶と塩を入れた熱々の緑茶とご飯の上に、揚げたての海老と三つ葉のかき揚げを、ジュワッと音を立てながらのせてくれるパフォーマンスも魅力だ。

プリッとした海老の食感と三つ葉の香りが一体となり、口いっぱいに広がっていく。


やはり天ぷらを味わうならばカウンターがイチ押し。景色とセットで楽しみたいならば、テーブル席を利用しよう

この店は明治23年創業の赤坂の鮮魚店がルーツ。すでに六本木で25年、日本橋と西麻布で13年という都内屈指のグルメ街で、長年素材へのこだわりと職人の技術を守り抜いてきた名店である。

食材も料理長自ら築地に仕入れてくる品、魚屋から仕入れる鮮魚を組み合わせて提供する。揚げたてを食べて欲しいという想いから、テーブル席であっても一品一品提供するのがこだわり(お客の要望があればまとめて出すことも可能)。

揚げたての天ぷらをサクッと頬張り、続けざまにヱビスビールを流し込む。この瞬間の幸福感に、さらに天空の絶景まで付くのだから、もう言うことはない!