春の日差しに気分も高揚!夜はパーッとビールを飲んで帰りたくなるシーズンだ。そんな時、頭にまっさきに思い浮かぶのはビールと相性抜群の「焼き鳥」だろう。

今回は、ヱビスビールと最高にマッチする絶品焼き鳥を提供する名店『床島』に伺い、そのマッチングを一串一串じっくりと検証していこう。

数々の食通を唸らせてきた焼き鳥の名店『床島』


仕込みは朝7時から始めるという床島さん

食通も唸る飲食店が多い三軒茶屋でもひときわ有名な焼き鳥店『床島』。2010年に開業し、瞬く間に予約の取りにくい名店となった。

切り盛りするのは、食鳥処理事業許可証を持つご主人・床島正一さんだ。『床島』で使用される鶏肉は、フランスの血統の中からこの店が独自に焼き鳥に合うよう改良した“床島ブランド”。

床島さんは、そのこだわりの丸鶏を当日の朝、店で捌き、焼き場に立つ。鶏を隅々まで知り尽くした彼だからこそ、焼き鳥に合わせるビールへの想いは誰よりも強い。

鶏を知り尽くした名店主人だからこそのビールへのこだわり


部位により異なる焼き加減を見極め、一串一串丁寧に焼き上げていく

『床島』で提供されているビールは開業当時からヱビスビール一筋。その理由は、「ひと言で表すと、ヱビスビールは焼き鳥の持つ多様な味わいを全て受け止めてくれるビールだからです」と語る床島さん。

焼き鳥の噛む度に増していく鶏の旨み、タレを焼いた時の甘さ、炭で焼き上げる香ばしさ。

その味わいを、モルトの深いコク、そしてホップの香りと苦みのバランスが抜群のヱビスビールが、寄り添い、包み込むのだという。

ひと口飲んだ瞬間は、満足感たっぷりの主役級の旨さを感じさせるものの、すぐに焼き鳥の引き立て役へと身を隠す謙虚なヱビスビールの佇まいは、焼き鳥という鶏本来の美味しさを堪能する場所には欠かせない存在だ。

絶品焼き鳥のそれぞれの旨みに ヱビスビールが寄り添い、最大限に引き立てる


「わさび」。ささみをレアに焼き上げ、一級品の静岡県の筏場産わさびをのせ完成。とろりとしたささみの食感と、わさびのさわやかな味わいが最高!ヱビスビールが、その繊細な香りを膨らませる

では実際に『床島』の焼き鳥を味わいつつ、ヱビスビールをグビッと飲み、その相性の良さを確かめてみたい。

今回ご用意いただいたのは「ねぎま」、「レバー(血肝)」、「わさび」、「ししとう」、「つくね」の5本。ヱビスビールと共に、一本一本じっくりと味わっていこう。

「ねぎま」。鶏の太もも部分の肉を皮ごと使用し、パリッとした皮のクリスピー感を大切に焼き上げている。この皮目の香ばしさに、ヱビスビールのホップの香りが良く合う。思わずもう一杯!と言いたくなる美味しさだ

「レバー(血肝)」。表面の美しさ、食べた時のトロッととろけるような食感が堪らない!丸鶏を朝捌くからこそ、臭みゼロのレバーを味わうことができるのだ。このタレとレバーの艶がまた、ビール欲を刺激してくる

春先から旬を迎える「ししとう」は、今食べたい一串である。ししとうの持つ青っぽさを引き立てるように焼き上げるのが床島さんのこだわり。この独特の味わいがビール党には堪らないのだ

「つくね」。さまざまな食感を楽しめるよう鶏肉の挽き方を三段階に分けたものを混ぜ合わせて使用。しっかりとした噛み応えも感じながら、するりと口からなくなっていく『床島』ならではの一串である

旬を感じる一品料理に箸も杯も止まらない


「アスパラといちごの白和え」

この店では旬に合わせて、野菜を活かした一品料理が登場する。いつ来ても変化があるため、こちらも『床島』ファンのお楽しみの一つだ。

この日は「アスパラといちごの白和え」をご用意いただいた。春を存分に感じさせてくれる料理で、今が旬のアスパラといちごがハーモニーを奏でる。

この時期は栃木県産アスパラを使用。粗ごしの豆腐に、練り胡麻、砂糖、隠し味に生クリームを加えることで、よりなめらかにいちごとの相性を良くしているのだという。

〆には名物「卵かけご飯」のオーダーがマスト!


「卵かけご飯」

旬の一品料理や焼き鳥に満足したら〆にオーダーしたいのが、名物「卵かけご飯」。味付けには焼き鳥と同じ、こっくりと旨い秘伝ダレを使用。

卵白をふわふわとメレンゲ状に泡立てているのは「〆にもサラッと召し上がっていただけるように」というアイデアから。サラッと喉を通る卵やタレの旨みをたっぷり含んだご飯は、ヱビスビールとの相性もいい!


通りから一本入った閑静な場所に一面ガラス張りのモダンに佇む『床島』

一本に魂を込め焼き上げながら、客席全てに目を配り、最高のタイミングで次々と焼き鳥を提供していく床島さん。

焼き鳥への真摯な向き合い方と、旬によってメニューを変化させていく豊かなアイデアが、ファンの心をつかんで離さない。


客席の隅々まで目を配れるコの字カウンターもこだわりのひとつ

焼き鳥の一串を一品の料理と考えるため、一切れのサイズは大ぶり。それゆえ、皮の食感、中の肉の弾力、はじける肉汁、上質な肉質の味わいを口いっぱいに頬張れる。

その直後、ヱビスビールをグビッと飲めば、その瞬間はより一層豊かなものになるだろう。

真の焼き鳥好きなら、絶対に足を運んでほしい名店だ。