日頃の感謝の気持ちを込めて、お世話になった方々へプレゼントを贈ること、それがお中元・サマーギフトです。

ですが、いったいどんなものを、どんなタイミングで送ればいいのか、ちょっと悩んでしまうことがありますよね。実際、お中元は伝統的習慣であり毎年恒例なので、贈る時期や中身、価格帯などに気を付ける必要があります。

今回はお中元・サマーギフトの違いとそのマナーをお伝えします。いま一度、マナーのご確認と、慣れない方や初めての方は、これを機にぜひ素敵なプレゼントを贈ってみてはいかがでしょうか。

お中元の歴史。本来は7月15日のこと

中国三大宗教の一つ「道教」の行事で、1月15日が上元、10月15日は下元、7月15日を中元とする「三元」がルーツです。やがて道教と仏教の共通の祭日となってから「三元節」と呼ぶようになり、中元には祖霊の供養である盂蘭盆会(うらぼんえ)が、寺院などで行われるようになりました。これが、日本の「お盆」のルーツですね。

その際、家族間で行われていたお供えものが、江戸時代から世話になった人へも贈るようになり、明治30年代に百貨店が大々的に売り出すようになってから、仕事関係者などへの贈答習慣が定着したと言われます。

そんなお中元は、毎年恒例なのが基本。一方で、堅苦しく考えずカジュアルにプレゼントするのがサマーギフトです。

サマーギフトは、家族や親せき、友人、仕事関係者はもちろん、帰省時の手土産や、時に自分へのプレゼントでもOKです。時期も細かく考える必要はありません。ただ、相手の好みや家族の状況などを察することは必要ですね。お中元、サマーギフト共に、感謝の気持ちを伝えるという点では同じです。

マナーその1~地域ごとに違う時期

地域によってお中元を贈る時期は少しずつ違います。本来は7月15日(新盆)なのですが、8月15日(旧盆)とする地域も多くあります。これは、明治時代に国際基準のグレゴリオ暦に改暦されたことで、30日ずれこんだことが理由です。

つまり本来のタイミングでは8月。でも日付は7月。当時、国は7月を原則としましたが、農繁期と重なるなどの理由で8月のままとした地域が多くあったわけです。

首都圏や東北では、7月上旬から15日ごろまでに贈るものです。が、期間が2週間と短いこともあり、最近は6月下旬から贈ることが増えています。東海、関西、中四国、北海道地域は7月15日から8月15日の間です。九州は8月1日から15日まで。北陸や東北の一部では8月のところもあるなど、同地域でも違うことがあるので、前もって確認しておくことをおすすめします。

最近は首都圏が早くなっていることから全国的にもそうなりつつあるようですが、できるだけ地域の習慣に合わせて贈るのがいいと言われています。

マナーその2~何を贈ればいいのか

お中元は本来、お供え物なので食べ物が中心です。そして、各家が多様な状況である現代は、日持ちするものが喜ばれることでしょう。時に相手先が家族や部下が多い人だと、個別に包装された商品がより望ましいでしょう。新感覚のお中元として、体験ギフトやギフトカタログを贈る手もあります。

定番の品物は、果物や和洋のお菓子、果物、ジュース、コーヒー、ビールなど。もちろんサマーギフトとしても最適です。相手が特に目上の方とか、食通の方などでしたら、いつもより一段上質のものをプレゼントするのがいいですね。

マナーその3~熨斗(のし)、水引、名入れ

お中元には熨斗紙をつけるのが一般的です。熨斗とは火熨斗(昔のアイロン)のことで、元々「熨斗アワビ」を指しました。薄く切った生アワビをアイロンで伸ばしたものです。

生アワビは平安時代には神饌とし、以降は貴族や武家の祝儀やハレの贈答品としてとても大切にされたそうです。それがやがて「熨斗アワビ」となり、海草、紙、現代では水引とセットのプリントへと簡略されたというわけです。ちなみに魚介類や肉類などの生モノ、不祝儀袋に「熨斗」はつけません。

水引とは、紅白または金銀、金紅2色の紙紐のことです。何度あっても嬉しい祝事には3本または5本の「両輪結び」「蝶結び」を。結婚や弔事には二度とないようにという意味で「結び切り」「あわび結び」を選びます。

名入れとは水引の下に、贈る側の名前を書くことです。フルネームを入れるのが基本ですが、目下の人や友人に贈る際、または贈る側が個人の場合は名字だけでもいいとされています。もし連名で贈るのなら、右から地位の高い人の名前を記入します。

なお7月15日を過ぎた場合の表書きは「お中元」ではなく、「暑中見舞」とし、8月8日の立秋を過ぎた場合は「残暑見舞」と書くのが無難です。相手が目上の方の場合は、それぞれ「暑中御伺い」「残暑御伺い」とします。「残暑見舞い」は8月いっぱいまで可能でしょう。サマーギフトなら6月下旬から8月いっぱいまでと気軽に考えてかまいません。

マナーその4~お中元を受け取った際の対応

自分がお中元を受け取った場合、お礼はすぐに伝えるようにしましょう。できれば、受け取ったその日、あるいは翌日までに、感謝の言葉やお礼状を贈るようにします。お返しをする場合は、相手のプレゼントより高いものを贈らないように注意しましょう。もちろん同じ種類のものも失礼にあたります。

お中元は一般的に、目下の者がお世話になった目上の方に贈るものなので、その場合はお返しを贈る必要はありません。が、友人や同僚などの場合は、同程度の物をお返しします。もし贈らなくていい場合でも、メールではなくハガキでお礼を伝えるのがマナーです。

マナーその5~相場

特にお世話になっている上司や仲人などに贈る場合は5,000円以上が相場です。一般的には5000円前後で。同僚や友達、親戚には3,000円~5,000円でよいでしょう。お中元は毎年贈るものなので、長い目で見て、自分にとって無理のない金額で購入するのが無難です。サマーギフトとしてなら、毎年恒例の必要はありませんし、相場も関係なく、気軽なプレゼントと考えればいいでしょう。


●参考
・「日本人のしきたり」飯倉 晴武著(青春出版社・青春新書)