夏バテのシーズンが過ぎ、なにやら食欲がむくむくと高まる秋。こんな我々の胃袋のリクエストに応えてくれるように、海や山の幸も味わいを増してきます。ヱビスビールで今夜も贅沢晩酌を、と考えるなら、その相方にもいまをときめく食材を使いたいもの。というわけで、今回は海の幸、ブリを使った逸品おつまみのレシピをご紹介!

口の中でほろりとほどける、食感とうま味が楽しめるブリならば、ヱビスビールの奥深いコクとの相性もばっちり。これから寒さが増し、旬が訪れるブリおつまみを、しっかりと予習しちゃいましょう!

2016_28_01

レシピ考案
魚料理研究家 是友麻希さん


大学卒業後、銀座の和食店で和食と魚料理の基本を学び、その後、家庭料理教室「Ristorante 我が家」を主宰。現在は東京・中目黒に教室を構え、多くの人に和食とおもてなしの楽しさを伝える。2016年10月、自身の魚料理研究の集大成である著書『フライパンひとつで魚料理』を出版。

バルサミコが決め手!洋風ブリの照り焼き

2016_28_02

見た目は定番のブリの照り焼き?いやいや、一口頬張れば、バルサミコの甘みと酸味が新鮮な美味しさを感じさせる、和洋折衷のメニューなのです。舌の上で踊る、ブリの淡いうま味をバルサミコのほのかな甘みが引き立てる。そしてヱビスビールと合わせれば、奥深い苦みがクッキリと引き立ち、思わず「嗚呼・・・」と唸ってしまいます。照り焼きらしい芳ばしさと、ヱビスビールの芳ばしさが絡み合う、香りのマリアージュも楽しめますよ。

<材料>2人分

ブリ・・・2切れ(200g)
オリーブオイル・・・大さじ1
ベビーリーフ・・・少々
スライスアボカド・・・1/4個
スライストマト・・・2切れ
■タレの材料
砂糖・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
バルサミコ・・・大さじ1
白ワイン・・・大さじ2

作り方

2016_28_031.タレの材料を混ぜておく。 2016_28_042.フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、ブリを両面こんがり焼く。
2016_28_053.火を弱め、タレを入れて、全体を煮からめる。器に付け合わせと一緒に盛り、煮詰めたタレをかけて完成。

<ここがポイント!>
ブリは焼きすぎると身が硬くなってしまうので、焦げ目を付けたら、素早くタレで煮詰めるのが美味しく作るためのポイントです。お好みでライムを搾れば、爽やかな香りも楽しめます!

美味しい食材に国境なし!
ブリとアンチョビのコクうま春巻き

2016_28_06

サクッと揚がった春巻きをかじると、中にはフンワリとした食感のブリ。さらにチーズがとろり。幾重にも重なった食感がなんとも楽しい新感覚の春巻きがこちらです。もう、ヱビスビールとの相性は語るまでもありません。アンチョビの濃厚な味わいと、ヱビスの豊かなコクが相まって、まさに幸せのビール時間の完成です。

<材料>2本分
ブリ・・・1切れ(100g)
アンチョビフィレのみじん切り、またはペースト・・・小さじ1/2
クリームチーズ・・・大さじ1
大葉・・・2枚
春巻きの皮・・・2枚
水溶き小麦粉・・・少々
揚げ油・・・適量

作り方

2016_28_071.ブリは細長く切る。 2016_28_082.春巻きの皮の上にブリ、アンチョビ、クリームチーズ、大葉を乗せる。
2016_28_093.皮を下、両サイドの順に巻いていく。 2016_28_104.水溶き小麦粉を皮の上端に塗り、皮を閉じる。
2016_28_115.熱した揚げ油(170度)でカラッと揚げ、完成。

<ここがポイント!>
サクッと揚げるためのコツは、皮をフンワリと巻くことです。照り焼き同様、熱が入りすぎるとブリの食感が損なわれてしまうので、揚げすぎに注意しましょう。

ブリと楽しむほっこり晩酌ヱビス

ブリの美味しさは、なんといってもほろりとした食感。一層美味しく料理するためのコツは火の入れ加減と、一緒に楽しむ贅沢ビール、つまりヱビスビールです。口の中で優しい食感とともにほどける、ブリの淡いうま味とヱビスビールの豊かなコクの出会いは、ビール好きなら絶対に体感しておくべきマリアージュです。すぐにスーパーでブリとヱビスをゲットして、今夜の晩酌に備えましょう!