YEBISU
posted by
味のわかる人ほど気になる、
「コク」のありかとそれを感じる理由。
「このビールはコクがあるね!」なんて言いながらビールを飲んでいるそこのアナタ。その「コク」ついて、どこまで説明できますか?人は何を「コク」と判断しているのでしょ…
YEBISU
posted by
国産ビールの黎明期。
ヱビスビールの始まりと、輝かしい歴史。
華やかな香りと深いコク、透明感のある黄金色。いつも美味しく飲んでいるヱビスビール。ところで、その始まりの歴史はご存知ですか?ヱビスで乾杯する大人なら、こっそりお…
BEER
posted by
より美味しく、より味わい深く。
飲み方プレミアム、小ワザ三段階、家編。
家で瓶ビールや缶ビールを飲むとき、グラスやタンブラーにただ勢いよく注いでいるだけの方はいませんか?実は、ひと手間かけることで、ビールを最後まで美味しく飲む方法が…
GOURMET
posted by
【「Pen」2016年1月1日号掲載】正月の一家団欒を彩る、おせち料理。
※「Pen」2016年1月1日号掲載の記事です。 京都・南禅寺畔の「瓢亭」は、創業450年の料亭。朝がゆや、瓢亭玉子が名物だが、新年にその味を堪能するなら…
CULTURE
posted by
加賀の冬に咲く旨味の華 伝統の技“坂網猟”の「真鴨」
石川県の南西部に位置し、福井県と接する加賀市。 温泉郷として知られ、新鮮な魚介類を中心とする食文化も豊かなこの地において、冬の間だけ味わえる幻の鴨肉がある。 …

RANKING

月間ランキング

歴史に裏打ちされたストーリーから、新たな味を創造する ジョエル・ロブションとヱビスビール

YEBISU
posted by
歴史に裏打ちされたストーリーから、新たな味を創造する ジョエル・ロブションとヱビスビール
「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」総料理長を務めるミカエル・ミカエリディス。ロブションの教えを大切にするミカエリディスに料理人としての哲学を聞くとともに、コラボレーション…

旨い鯛を食べてあなたもヱビスビール顔。第2回「大漁祭り」は大分から

YEBISU
posted by
旨い鯛を食べてあなたもヱビスビール顔。第2回「大漁祭り」は大分から
ヱビスビールのコンビニ限定缶を購入し、オリジナルゲームで鯛を釣ると本物の鯛がご自宅に届く「ヱビスビール 大漁祭り第二弾 キャンペーン」。 恵比寿様は何といっても大漁祈願の神様…

【「Pen」2017年10月1日号掲載】湖畔を染めるサンゴ草と、いくら丼の妙味。

GOURMET
posted by
【「Pen」2017年10月1日号掲載】湖畔を染めるサンゴ草と、いくら丼の妙味。
※「Pen」2017年10月1日号掲載の記事です。 9月中旬になると、北海道網走市の能取湖畔は真っ赤な絨毯で覆い尽くされたようになる。秋に濃緑色から紅紫色に変化するアッケシ…

登って探してまいっちゃう!? 美味さ飛び上がり級「トンビマイタケ 」

GOURMET
posted by
登って探してまいっちゃう!? 美味さ飛び上がり級「トンビマイタケ 」
秋田県との県境にある山形県真室川町は、山林が面積の8割以上を占める山あいの町。 山菜が豊かなことで知られる真室川町近辺において、とびきり珍重される高級キノコが「トンビマイタケ…

歴史と伝統から学び、現代生活に合うやちむんを。

CULTURE
posted by
歴史と伝統から学び、現代生活に合うやちむんを。
眞喜屋修(やちむん作家) 1969年沖縄県生まれ。沖縄県立芸術大学卒業後、大嶺實清氏に師事。8年間の修行を経て、2001年に独立。当初は首里金城町に「陶房 眞喜屋」を設けたが…

ヱビスビール記念館館長に聞く100年を超える歴史

YEBISU
posted by
ヱビスビール記念館館長に聞く100年を超える歴史
ヱビスビール発祥の地である恵比寿には、ヱビスビールの貴重な歴史的資料や遺構を見学したり、様々なヱビスビールを味わうことができる「ヱビスビール記念館」があります。 約130年前、当…

【「Pen」2016年8月1日号掲載】艶々した紫紺色に、 太陽の恵みを感じる。

GOURMET
posted by
【「Pen」2016年8月1日号掲載】艶々した紫紺色に、 太陽の恵みを感じる。
※「Pen」2016年8月1日号掲載の記事です。 「賀茂ナス」の名称が定着したのは、京都市の上賀茂などで盛んに栽培されるようになった明治時代と伝えられる。現在では「京の伝統野…

「焚き火を眺めながら語り合うと、深い話も自然とできる」by 平健一

CULTURE
posted by
「焚き火を眺めながら語り合うと、深い話も自然とできる」by 平健一
誰に言われるでもなく、好きなことに没頭できるのは大人の特権。この時間があるからこそ、仕事の疲れも吹き飛び、明日への一歩が踏み出せる。 この連載では、ゲストの幸せな時間にフォーカス…