menu

江戸時代の情趣と、心和らぐ新そばの風味。

江戸時代の情趣と、心和らぐ新そばの風味。

旬の絶景と郷土の味に、ヱビスで乾杯!

2階部分がせり出した出梁(だしばり)造りに、竪繁(たてしげ)格子(千本格子)。長い軒が連なる、江戸時代の風情ある旅は た ご籠の町並みがそのまま保存されているのが妻つ まごじゅく籠宿だ。江戸から京都に向かう中山道69次の42番目に位置しており、旅人たちが荷を降ろして休息する宿場町として発展してきた。京都に向かうルートは東海道が有名だが、大井川で足止めなどの支障もあるため、木曾街道の別名をもつ山側の中山道も活発な往来があったという。ところが、明治以降の交通改革で宿場町の機能を喪失。衰退の一途だったが、1968年に地元住民が保存事業に乗り出し、76年には文化財保護法に基づく「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている。閑静な山間にある全長500mほどの街道には、前述した旅籠や民家などのほか、常夜燈や水場、幕府からの告知が掲示される高札場も復元。時空を超えて200年以上前に戻ったように錯覚させる。郷愁を誘う温もりに満ちた妻籠宿の情趣は、心を和ませてくれる絶景ではないだろうか。

縁起ものの年越しそばを、天ぷらとともにいただく。

長野県は「信州そば」でも知られており、そばの実が収穫されるのは9月〜11月。夏にも旬があり、近年は春そばも登場しているが、この秋そばを打ったものが冬の「新そば」となる。今回は御嶽山の麓の開田高原(標高1 2 00m)で栽培された「霧しな生そば」を取り寄せた。時節柄の年越しそばを想定して、熱いつゆにエビの天ぷら添え。年越しそばの由来は、細く長い形にならって長寿を願うなど諸説あるが、他の麺類より切れやすいことから「災厄を断ち切る」という意味もある。軽快な口あたりのそばを噛みしめると、苦甘さがほんのりと立ちのぼる。この風味に、コクの深いヱビスビールが実によく似合うのである。

[長野県] 南木曽/妻籠宿
妻籠宿の中ほどに立地する旅籠(旅館)、松代屋を中心にした景観。創業当時の建物を維持してきた。客室は襖で仕切られているだけで、バス・トイレはもちろんテレビもあえて置いていない。昔の風情を楽しむ場所なのである。

アクセス
妻籠宿JR中央線南木曽駅下車、おんたけ交通バス、保神線・馬籠線で妻籠下車、徒歩2~3分。

Share