1711_yes_28_cover

今年も残すところ、あと1ヶ月程。
2018年の足音が聞こえてきて何かと忙しい年の瀬ですが、忙しい時だからこそ、足を運んで欲しいのが500円でヱビスを2杯味わって、ヱビスビールの歴史も学べる「ヱビスビール記念館」です!

ここでしか買えない、有名メーカーとの限定アイテムや、心ゆくまでビールを味わえる「テイスティングサロン」もあり、年末の仕事や雑務、家の事の忙しさでささくれ立ってしまった心を癒やせる、ビール好きのオアシスがヱビスビール記念館なのです!

見学方法は無料と有料の2種類!オススメは、歴史も学べてヱビスが飲める有料ツアー

ヱビスビール記念館の中に入ると、ヱビスのキャラクターである恵比寿様と昭和までは実際に使われていた大きなビール仕込釜に迎えられます。

20分程度で、館内を無料で見て回ることもできますが、ビール好きであれば、500円の有料プランがオススメ!

ヱビスビールの誕生から今に至るまで、そしてヱビスにまつわるこぼれ話を、ヱビスビールのエキスパートであるブランドコミュニケーターが丁寧に説明してくれます。
所要時間は40分程度。定員は18名なので、この時間にどうしてもというのがあれば予約しておくと◎。

ツアーの参加には、まずは受付から。
ツアースタート時間の10分前には受付を済ませて欲しい。

受付が終わったら、ツアーラウンジで開始までのひとときを楽しみます。

そして、ツアースタート。
ブランドコミュニケーターの説明を聞きながら、ヱビスギャラリーを見学します。

1890年に初めて発売したヱビスビールのパッケージを見たり、歴史を学びます。
発売当時は、そば約10杯分の値段だったヱビスビール。庶民にとっては高嶺の花だったそうです。

そして、ヱビスギャラリーの見学の後は、有料ツアーの目玉でもあるヱビスビールのテイスティングに。

2杯のヱビスビールが試飲できるテイスティング

テイスティングできるのは、「ヱビスビール」と「琥珀ヱビス(時期により変更有り)」の2種類!

ビールと泡が7:3の一番美味しい比率で注がれたヱビスを堪能できます。
しかも、無料でおつまみも付いてくるのがうれしいところ。

500円で、歴史が学べてビールが2杯におつまみも付く。
記念館だからこそ味わえるハイコスパです!

まだ飲みたい人、おみやげが欲しい人は、テイスティングサロンやミュージアムショップへ

ツアーが終わっても、もう少しヱビスを楽しみたい人は、
テイスティングサロンで他のヱビスを楽しむことも出来ます。

●ヱビスビール
●ヱビスプレミアムブラック
●琥珀ヱビス
●ヱビス スタウト クリーミートップ
●ヱビス プレミアムミックス
●ヱビスを使ったビアカクテル
各400円

おみやげが欲しい人は、ミュージアムショップへ!
人気の商品を作る有名メーカーとの限定グッズも販売しています。

上の写真は、珪藻土で作ったバスマットなどが人気のsoilの珪藻土コースター。
左官の技術で作られたコースターは、石のように見えますが水を吸い込むオシャレで、少し不思議な逸品。

他にもさまざまグッズがあって、ここだけでも楽しめるほどです。

期間限定のツアーも開催されるので、情報を随時チェック

更に、ヱビスビール記念館では不定期で限定イベントも開催しています。

例えば、クリスマス特別企画として、12月20日~12月25日の毎日、「ヱビスプレミアム ナイトツアー ~ヱビスロゴ入り バカラ ビアタンブラーで最高のヱビスを~」を実施。

随時更新される情報をチェックしておけば、期間限定のイベントも楽しめます!

リピーターも多いという、ヱビスビール記念館。
年の瀬の疲れを癒やす、至福のひとときを味わいに、足を運んで欲しいスポットです!