カボチャをしつらえ、部屋の随所にオレンジの飾りを付け、10月31日の準備は万端!最近、とんでもない盛り上がりを見せるハロウィンですが、皆さんもこの日は、自宅で気の置けない人たちとのお楽しみプランを用意しているのではないでしょうか。

もちろん、聡明なるYEs! MAGAZINE読者の皆さまであれば、定番のホームデコレーションは完璧!そしてテーブルに彩りを与えるヱビスビールはすでに冷蔵庫にスタンバイされているはず。が、今回はそれに加える、ハロウィンデコレーションプランのご提案です。デコるのは、グラス。ヱビスがなみなみと注がれたグラスに、ほんの一手間加えるだけで、持つ人がクスッとなってしまうハロウィングッズに変身してしまうのです。見落としがちなグラスに演出を加え、いつもとちょっと違うヱビスとともに、ハロウィンを楽しむアイデアをどうぞ!

2016_29_01

グラスデコを考えた人
ひらたひろみさん


アニヴァーサリープランナーとしてホームデコレーション、テーブルアレンジメントのアイデアを、主にSNSを通じて発信中。「手軽でマネしやすい」ことをデコレーションのモットーに、家族や友人が楽しい気分になるデコレーションアイデアを届けている。「hirommy_anniversary」名義で活動するSNS上で、多数の作例をアップしており、現在フォロワー数が急増中の注目株!

ハロウィンビアグラスアイデア1
ゴム紐でキュートなミイラのできあがり

2016_29_02

まずご紹介するのはこちら。ちょっととぼけた表情がキュートなミイラのビアグラス。グラスのトップに収まる、クリーミーな泡も包帯に見立て、間から見えるヱビスの豊かな黄金色が映えるアイデアです。

2016_29_03作り方はとってもシンプル。ゴム紐をテープでグラスに付け、あとはグルグルと巻いていくだけです。ポイントはキッチリ巻きすぎないこと。ところどころ、ゴム紐をねじると、より「それっぽさ」が演出できますよ。仕上げに目玉シールを付けて、完成です。

ハロウィンビアグラスアイデア2
黒テープで作るミステリアスな森の夕暮れ

2016_29_00

続いてご紹介するのは、ミステリアスな夕暮れの森をグラスで再現したアイデア。ちょっと難しそうにも思えますが、素材は黒いテープがあればOKです。いくつかのパーツを作り、あとはぺたぺたグラスに貼っていくだけで完成です。木の背景に見立てたヱビスビールの黄金色。麦芽100%、そして長期熟成を経て生み出されるこの深い色合いが、まるで本当の夕暮れに見えてきそうです。

グラスに鎮座する、恵比寿様を意識してデザインすると、よりグラス全体に一体感が生まれます。

2016_29_04
木の幹の部分は、はさみでざっくりカット。枝となる細かいパーツは、下敷きの上にテープを貼り、カッターなどで細かくカットすればOKです。はがしやすい養生テープなどを使えば、後始末も簡単です。

ハロウィンビアグラスアイデア3
超お手軽!シュシュを使ってハロウィンカラーに

2016_29_05

とにかく手軽にグラスを彩るのなら、こちらのアイデアをどうぞ。使っているのはディスカウントショップで売っている、ハロウィンカラーのシュシュを、グラスに巻くだけ。しかし、色合いが加わるだけで、ぐっとハロウィンパーティ感が演出できちゃいます。

2016_29_07作り方は説明するまでもありませんが、シュシュをグラスに巻くだけ。自分の色を出したい場合、ヘアゴムにお好みのリボンやレースを結び付ければOKです。

ハロウィンビアグラスアイデア4
模造紙スパイダーで、テーブル上を楽しく!

2016_29_06

最後にご紹介するのは、グラスにはめるスリーブです。スリーブというと大げさにも聞こえますが、素材は黒い模造紙と目玉シールがあればOKです。グラスにキッチリ巻いてしまうと、かえって肝心のヱビスビールが飲みにくくなってしまうので、テーブル上のしつらえ、として作るのがオススメです。色を変えて複数作れば、「あれ、自分のグラスどれだっけ?」という、パーティにありがちなグラス迷子防止にも役立ちます。

2016_29_08黒い模造紙をはさみでカット。グラスをはめた際、左右対称になるように切るのがポイントです。目玉シールはキッチリではなく、ちょっと貼る場所をずらしてもかわいく仕上がります。

ハロウィンの宴に、ヱビスビールを添えて

せっかくのハロウィンナイト。集まった人たちをもてなす準備はこれで万端です!もちろん、グラスに注ぐべきはヱビスビール。澄んでいて、それでいて麦のチカラを感じさせる豊かな黄金色をたたえたヱビスビールならば、デコレーションしたグラスにもピッタリです。大人の贅沢なハロウィンの一夜を、ヱビスと、ちょっとかわいいグラスとともに!