YEs_2017_RE_18

人の数だけ戦略がある。
相手の数だけ答えがある。
これ、デートの話です。
思い起こして頂きたい。意中の女性とデートをするとき、相手が一体何を望むのか、自分のアドバンテージは何か、と思いを巡らせ、最高のデートを演出しようとしたはずです。では、いまYEs! MAGAZINE読者諸兄が持つアドバンテージとは。言うまでもありません。「ビールが好きだ!」という情熱。そして素敵なビールを楽しく酌み交わしたいという想いです。

今回はビール好きならではのデートプランを編集部員が独断と偏見で設定し、それを女性にチェックしてもらいたいと思います。お相手はビール女子として多数の媒体で活躍する、なな瀬さん。ビール好きの仮想デートの相手として不足なしです。あなたのデートプランへの示唆をばっちりゲットして下さい!

待ち合わせは河原から!?

2016_24_01

デートプランのチェック担当
ビール女子 なな瀬さん


ビール好きが高じてビアソムリエ資格を取得。雑誌、WEBなど様々な媒体でビールに関する記事を執筆するなど、ビアジャーナリストとしての側面も持つ。日本全国、どころか海外までイケてるビールを求めて旅してしまうなど、とんでもないビールへの愛と行動力の持ち主。
2016_24_icon4

今日はよろしくお願いします!自分なりに考えたビールデートプランをぜひ楽しんで下さい。

2016_24_02

2016_24_icon3

こちらこそ!楽しみにしています。で、まずは質問なんですが、なぜ待ち合わせ場所が河原なんですか?
2016_24_icon4

ビールが美味しいといったら、なんといっても汗をかいた後でしょう。まずは軽くジョギングして、カラダを動かそうと思いまして。早速行きましょう!

2016_24_03

2016_24_icon1

ちょっ!そもそも私ヒール履いてきちゃいましたよ。運動する、というのはいいんですが、事前に「動きやすい格好で来て」と伝えてくれればよかったのに。
2016_24_icon4

言われてみればですね。失礼しました・・・。
2016_24_icon3

そんなにしょげないで(笑)。ただ、運動をして空腹感を刺激するのは面白いアイデアですよ。ちょっと空腹感がある方が、ビールの味をしっかり味わえますから。ただし、運動直後の飲酒は絶対NGですから、配慮は必要ですけど。
2016_24_icon4

早速勉強になります。次のプランは自信ありですよ。
2016_24_icon3

お手並み拝見しましょう!

まるでビールのテーマパークをご案内

2016_24_04

2016_24_icon4

続いてはここ!恵比寿にある『ヱビスビール記念館』です。ヱビスビールの歴史から試飲まで楽しめるんですよ。
2016_24_icon2

これはポイント高いですね!都内でビールの歴史に触れられる場所って限られているので。しかも、ここは実際にビールが楽しめると・・・。ビール女子ならかなり喜んでもらえるはずですよ。

2016_24_05

2016_24_icon4

ご覧の通り、明治時代のビール瓶から、当時のビールの値段まで、日本のビール黎明期の貴重な資料が並んでいます。
2016_24_icon3

「ビール」という共通項で盛り上がるのにバッチリのチョイスですね。うーん、ここは普通に楽しい。
2016_24_icon4

記念館のスタッフがギャラリーを案内してくれて、その後、ビールの試飲もセットになった「ヱビスツアー」もオススメしたいです。そして、この施設の特徴は、様々なヱビスビールが楽しめるテイスティングサロンがあるところです。一杯ご一緒しましょう。

2016_24_06

2016_24_icon2

ここではビアカクテルをチョイスしてくれたんですね。定番ヱビスビールもたくさんある中で、あえてカクテルというチョイスはちょっと新鮮でいいですね。「この場所でしか飲めないビール」をオススメしてくれるのは気遣いを感じますよ。
2016_24_icon4

ありがとうございます!
2016_24_icon3

ビール女子向けなら、タップがよく見える場所へエスコートするのもいいかも。お店の方が華麗にサーブしているシーンを見るのも楽しいですし、お店の方にビールのお話を聞いてみたい!

2016_24_07

2016_24_icon4

なるほど。この場所だけでなく、ビールパブで一緒に飲むときにも参考になりそうです。
2016_24_icon3

ばっちりヱビスビールを楽しんで、いい時間になってきましたね。次はどこに案内してくれるんですか?
2016_24_icon4

次は、家で食事を振る舞いますよ。ご期待あれ!
2016_24_icon3

家飲みデートこそ、ホスピタリティが試されますよ。準備はいいですか?

ビール女子への気遣いの極意を食事で学ぶ

2016_24_08

2016_24_icon4

用意した食事はこんな感じです。
2016_24_icon2

野菜多めで、いいですね。男性目線だけで選ぶとガッツリ系のメニューになってしまいますが、ここは気遣いを感じますよ。なにより、量は少なく、メニューは豊富、という構成がいいですね。女性は「ちょっとずつ、たくさん」楽しみたい人が多いですから。
2016_24_icon4

気に入ってもらえてよかったです。
2016_24_icon3

そしてビール女子ならば、ヱビスビールをグラスに注いでサーブしてくれているところも見逃せません。せっかくヱビスでおもてなししてくれているんだから、グラスで飲んで香りも味もばっちり楽しみたいですから!
2016_24_icon4

いやあ、光栄です!
2016_24_icon3

と、ここでビール女子ならではの応用テクを。「ちょっとずつ、たくさん」楽しみたいのは、ビールにも応用できますよ。例えばこんな感じで・・・

2016_24_09

2016_24_icon2

ヱビスビールにもたくさんバリエーションがありますよね。この幅広い味をサーブするなんてどうでしょう。少し小ぶりなグラスを使って、二人で楽しめばちょうどいいですし、いくつかを飲み比べれば、すごく盛り上がると思います。
2016_24_icon4

これは女性ならではの視点かもですね。早速マネしてみます。
2016_24_icon3

もうひとつ、締めくくりにオススメなのはこちらです。

2016_24_10

2016_24_icon4

ビールにスイーツですか?
2016_24_icon3

そうです!なにもビールに合わせたいのはしょっぱいメニューだけじゃありませんよ。ヱビスビールとスイーツのちょっと意外なマリアージュをオススメしたら、どんな味わいなのか気になっちゃいますから。
2016_24_icon4

チョコレートとヱビスプレミアムブラック、という組み合わせも、新鮮なマリアージュが楽しめそうですね。いやあ、なんかアイデアまで提供してもらっちゃってすみません。
2016_24_icon3

いえいえ。ビール、という共通項があっても、女性が喜ぶポイントに気を配るって基本だと思います。ぜひ、ビール好きらしいホスピタリティを発揮して下さいね!
2016_24_icon4

はい!早速デートのアポを取り付けたいと思います。ありがとうございました!
2016_24_icon3

相手はいらっしゃるんですか?
2016_24_icon4

・・・。
2016_bye_can-1
デートで飲むならおもてなしのビールを!大事な相手に飲んでほしい。そんな想いを託すなら、厳選した素材をじっくり丁寧に醸したヱビスビールがオススメです。多くの方に「贅沢なビール」を感じてもらえるヱビスビールなら、あなたの”おもてなしの心”がきっと相手に伝わるはず。皆さんの健闘を祈って!