1708_yes_cover

みなさんは、8月4日が「ビヤホールの日」だというのをご存じでしょうか?
知らない方がいたら、ビール好きとして、この機会に是非覚えてもらいたい!

そもそも、なぜ8月4日が「ビヤホールの日」かというと、日本初のビヤホール「恵比壽ビヤホール」が出来たのが、今から118年前、1899(明治32)年8月4日だから。「ビヤホールの日」自体は、1999年に(株)サッポロライオンの創業100周年を記念して制定されたのです。

せっかく、年に一度のビヤホールの日。どうせなら由緒正しいビヤホールで、歴史に思いをはせながら、ビールに舌鼓をうちたい!

そこで、現存する日本最古のビヤホール「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」の支配人代理小野さんに、ビヤホールの歴史を伺いました。

ビヤホールライオン 銀座七丁目店 支配人代理 小野さん

日本初のビヤホールは「恵比壽ビヤホール」!

「恵比壽ビヤホール」は、日本麦酒(株)(現サッポロビール)の社長馬越恭平のアイデアで、当時は高価なもののイメージがあり、一般的ではなかったヱビスビールを宣伝するために銀座に作られたものです。

オープン当初は、ビール500ミリリットルが10銭で売られていました。当時の物価はコーヒーが1杯で1〜2銭程度だったそうなので、すごい高価な飲み物だったんですね。販売していたのはビールのみで、フードのメニューはなくおつまみは大根のスライスを出していたと言います。
それでも話題となり、開店1週間目から1,000リットルも売れたこともあり、売上げも好調だったと言われています。

現存する最古のビヤホール「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」

現存する日本最古のビヤホールは、ここビヤホールライオン 銀座七丁目店です。看板にもある通り、今年で83年目。1934(昭和9)年4月8日にオープンしました。

オープンした頃は大日本麦酒(株)(現サッポロビール)の本社ビルでした。1階をビヤホール、2階以上を執務エリアとして使用していて、現在宴会場になっている6階も元は会議室でした。

その頃のメニューを見ると、ビール500ミリリットルで50銭です。面白いのはフードのメニューに寿司があること!改良を加えながら現在もメニューにあるソーセージは、この頃からすでにありました。

創業時のままの姿を残す店内には、昭和モダンの雰囲気が

耐震工事は実施していますが、戦災も越え、創業当時のまま残る店内の壁や柱には昭和のモダンな雰囲気が色濃く残っています。内装は豊穣と収穫をコンセプトにしていて、設計者は菅原栄蔵です。

正面の壁は、200色以上のモザイクガラスを使用し、大麦を収穫する日本の婦人たちを描いたもの。菅原栄蔵のこだわりが強く、この壁画のために、約4万6千色のモザイクガラスを試作したそうです!

矢じり型の装飾は、大麦の稲穂のイメージ。 当時から残っている照明はビールの泡をイメージ。
茶色の壁は、大地をイメージ。

こだわって作られた壁画や内装を見に行くだけでも価値があります。
実際、海外から内装を見たいがために来る観光客もいるそうです!

内装以外にも、歴史のあるものを一つご紹介。
それがこれ、ハンドサインです!来店したお客さんグループの人数を伝えるためのサインで、
左は7名、右は8名を表しています。

ビールを注ぐのはビヤマイスターの井上氏

カウンターでビールを注いでくれたのは、ビヤマイスターの井上氏。
ビヤホールでは、やや高めの圧力でビールを注出し、一度注ぎでしっかりした泡を作ります。

ビヤホールの殿堂ビヤホールライオン 銀座七丁目店では、カウンターに立つことはおろか、一度注ぎで泡を作ったビールを注ぐことすら難しいのです。

井上氏のビールが飲みたいからと来店するお客さんもいるほど!

年に一度の創業祭!8月4日、「ビヤホールの日」は生ビール半額!

「ビヤホールの日」を覚えて欲しい理由がもう一つ!
それは全国のサッポロライオンチェーン(一部店舗を除く)で行われる、『創業祭』。
この日に限り、「ヱビス生ビール」「ヱビス プレミアムブラック」「ヱビス&ヱビス(ハーフ&ハーフ)」「琥珀ヱビス」ほか生ビール各種が開店から閉店まで半額なんです!!

実施期間 2017年8月4日(金)各店舗の開店から閉店まで
実施店舗 全国のサッポロライオンチェーン(ヱビスバー 黒塀横丁店はじめ一部店舗を除く)

詳しい実施店舗

http://www.ginzalion.jp/event/2017beerhallday/

もちろん、ビヤホールライオン 銀座七丁目店でも生ビール各種が半額です!さらに、17時30分と21時30分より、「ライオン サンバ・カーニバル」として華やかなサンバ隊が、店内を盛り上げます。

8/4の「ビヤホールの日」には、昭和から愛される、日本最古のビヤホールで、歴史を肴に半額のビールを心ゆくまで楽しむのはいかがでしょうか?