「十日戎(とおかえびす)」って知ってますか?
関西以西の人にとっては愚問ですよね。
逆に、関東以北の人に尋ねたら、十中八九「え、何それ?」という答えでしょう。
毎年正月10日に、恵比寿様に商売繁盛を祈願する神社のおまつり。恵比寿様のご利益にあやかろうと、家庭で、露店で、居酒屋で、「ヱビスビールでカンパイ!」が増える晴れやかな日。
関西では100万を超える人が集まるこのおまつりですが、関東ではその名を聞くことすらほとんどありません。なぜなんでしょう?
神社の方に聞いてみると、謎が解明されただけでなく、おめでたいハレの日をヱビスビールで祝いたくなる、日本人の心のありようが見えてきました。

恵比寿様が庶民に愛される理由とは

2016_39_01

引札「恵比寿と兎波」(河原井源次氏蔵、桐生西宮神社提供)

「恵比寿様って知ってる?」
「もちろん。ビールのマークになってる、あの神様でしょ?」
「そう。何の神様だと思う?」
「鯛を抱えて、めでたい福の神でしょ?」
「そうそう。いつごろから信仰されてると思う?」
「そりゃ・・・ずっと昔からでしょ」

これ以上の知識を持っている方は、それほど多くないのでは。恵比寿様は、庶民のあいだでは、古くから海(漁業)の神や市場の神として信仰を集め、室町の世になってから、インドや中国から渡ってきた七福神と結びついて、いまのような福の神としてまつられるようになったと言われています。

なんでそんなことになったのか。恵比寿様をまつる神社として全国に名を知られる、兵庫県の「西宮神社」宮司・吉井良隆さんはこう説明しています。

「経済力の発達に伴い職業の分業化が拡大し、同時に商業の発展に伴う市の繁栄が、いやが上にも福の神信仰を助長させました。民衆は競って福の神をまつり、福を授からんことを求めたのです」(『えびす だいこく 福の神』)

農民たちが手もとに残る農産物を売り買いする市が発達し、そんななかで塩をつくったり、器を焼いたり、農業以外の方法で食い扶持を稼ぐ人たちが出てきて、福の神のご利益に期待する人の数が格段に増えたわけです。

関西では正月の風物詩の「十日戎(とおかえびす)」

2016_39_02

今宮戎神社の十日戎

そのうち、商人の家ごと、同業者ごとに恵比寿様をまつる「えびす講」という行事が生まれ、恵比寿様が稼ぎに出かける日(1月10日あるいは20日)と帰ってくる日(11月20日)を祝うようになります。

そして、江戸時代。商業の中心地として栄えた阪神地域では、古くから恵比寿様をまつる西宮神社(兵庫県西宮市)や今宮戎神社(大阪市浪速区)が、商売繁盛の神として信仰を集めるようになり、そこで行われるえびす講は「十日戎(とおかえびす)」として、大きなにぎわいを見せるようになるのです。

西宮神社では、1月9日深夜からすべての門を閉ざし、身を清め静寂の時間を過ごす「居籠(いごも)り」のあと、10日午前4時から祭典を執行。その後、6時に表大門が開かれると、門前に待ちかまえていた人たちがいっせいに駆け出す光景が見られます。最初に本殿にたどり着いた人たちがその年の「福男」(一番福〜三番福までの3人)になる恒例の行事「開門神事福男選び」です。

2016_39_03

西宮神社の十日戎の縁起物(熊手と福笹)

11日までの3日間、境内では「商売繁盛、笹もってこい」のかけ声が飛び交い、鯛や小判などの飾りをつけた縁起物の福笹や熊手を買い求める参拝客であふれ、その様子は福男選びと合わせてニュース番組で報じられるなど、正月の風物詩となっています。恵比寿様に祈る気持ちは、関西ではもはや生活の一部なんですね。

西宮から桐生にやってきた恵比寿様

2016_39_04

桐生西宮神社のえびす講(桐生西宮神社提供)

さて、商売繁盛を願う気持ちは全国どこでもあるはずなのに、十日戎はなんで関西だけなの? という素朴な疑問が浮かびます。

いえ、じつは関東以北にも、恵比寿様をおまつりする慣習はあるんです。

関東以北は農業を生業とする人が多かったので、商人色の濃い関西とはさまざまな面で文化が異なりますが、福を求める気持ちはみな同じ。恵比寿様をまつるえびす講は、関東以北でも各地で古くから行われていました。なかでも、商売繁盛を願う気持ちの強い商人たちは、地元のえびす講では飽き足らず、はるばる関西の西宮神社まで出向いて参拝していたそうです。

そんな恵比寿様への信仰は年を追うごとに高まり、関東でもついに恵比寿様の「勧請(かんじょう)」、つまりは分霊を迎えてまつろうという人たちが現れました。それが、織物の生産でその名を全国に知られた桐生(群馬県)の織物関係者たちでした。彼らは自ら寄付金を持ち寄って社殿を建て、西宮本社からの分霊を実現し、明治34(1901)年に「桐生西宮神社」を開いたのです。

生活と密着した季節のおまつりとしての「えびす講」

2016_39_05

桐生西宮神社のえびす講(桐生西宮神社提供)

桐生西宮神社の総務を務める岡部信一郎さんは、こう教えてくれました。

「きっかけになったのは、明治31(1898)年に町の中心部で起きた大火事だったと聞いています。災い転じて福となす、の精神で、福の神である恵比寿様を桐生に迎えようとしたのです」

桐生西宮神社のえびす講は、関西の十日戎と異なり、農産物の収穫が終わる11月20日に行われます。織物関係者だけでなく、それを支える周囲の農林業者、養蚕業者たちの生活と深い関わりをもっていたからだと考えられています(ただし、正月行事として、「初恵比寿」と呼ばれる神事のみの祭典が1月20日にも行われます)。

「桐生のえびす講は、商人だけでなく、住んでいるみんなの生活に近い存在なんです。昔は『足袋とこたつの使用はえびす講から』と言われ、寒い季節に耐えて働く目標、節目となる行事でした。また、えびす講の日は、町中の機屋さんも夜なべ仕事をしなくて済んだそうで、いまも仕事を切り上げて神社参りやお祝いをする文化として残っています」

福を求めて桐生の恵比寿様にお参りする人の数は、毎年20万人を超え、夕方の境内はあまりの混雑で歩くのも大変なほど。近年では、近隣の市町村だけでなく、東北地方や沖縄からわざわざやってくる方もいるそうです。

恵比寿様、その姿がそばにあるだけで

地域を問わず、職業を問わず、幸せを求める日本人の心の拠りどころとなっている恵比寿様。その福々しい姿がそばにあるだけで、幸せがやってきそうな気になるのは、日本人がつちかってきた長い生活の歴史、信仰心の積み重なりという裏づけがあるからなのでしょう。

おめでたい日の食卓に置かれた恵比寿様のラベルを見たら、思い出してください。幸せになりたい、家族を幸せにしたいと願って、一生懸命働いてきた先人たちの姿を。そして、十日戎やえびす講を祝う人びとのとびきりの笑顔を。

参考文献:『関東一社桐生西宮神社遷宮百年祭記念誌 えびす だいこく 福の神』