yes2018_1019_cover

赤坂の名店『中華うずまき』。この店の料理の主役は“旬の野菜”である。
ほぼ野菜がメインなのに、コクが深く、旨味が抜群!一度来た人は虜になってしまう絶品中華が味わえる。
秋に旬を迎える野菜中華が、なぜこんなに美味しくビールが進むのか?その理由を探った!

なぜ『中華うずまき』の料理がこんなにビールに合うのか?


野菜ソムリエプロ 本間純子さん

今回お話を伺ったのは、野菜ソムリエプロの本間純子さん。「旬」を大切に、カラダが喜ぶ美味しい野菜や果物の取り入れ方を提案している。

そんな彼女から見ても、今回『中華うずまき』で供された3品は、体を元気にしてくれ、ビールとの相性もぴったりなメニューだという。

「秋に旬を迎える野菜には、夏に疲れた胃腸の働きを整えてくれるものが多くあります。今回のメニューには、その野菜が非常にバランス良く入っていて、これからビールを飲むぞ!という時に最適のお料理と言えるんです」

贅沢根菜三兄弟!食感が異なる3種の根菜が果たす役割とは?


「鶏肉と根菜の炒め」油通しした長芋、蓮根、ヤーコンと、鶏肉を唐辛子の辛みを引き出した油で炒め、紹興酒、醤油、砂糖で味付けした一品

まず一皿目に紹介するのは、「鶏肉と根菜の炒め」。これが驚くほどコク深く、どんどん食が進み、食べた後に全く胃にもたれないのだ!

本間さんは「この根菜3種には、胃腸の働きをサポートする効果が期待できる栄養素が含まれています。夏場に疲れた胃腸を保護しつつ、ビールを飲める最高の料理です」と語る。

これに合わせるならヱビスビールを。食欲をそそる辛みと根菜3種の異なる食感が、ヱビスビールの持つホップの香り・苦み・モルトのコクのバランスの良さと最高にマッチするのだ!

春菊は栄養満点の横綱野菜!秋冬の葉物野菜といったらコレ!


「春菊と菊の花の胡麻煮」酢、砂糖、塩、練り胡麻で餡を作り、春菊と菊の花を和え、最後に辣油で辛味をプラス

続いては「春菊と菊の花の胡麻煮」。こちらも濃厚な旨味と、ピリッとした辛さに食欲がUPするメニュー!

ここで注目したいのは、秋冬の葉物野菜の代表格である春菊だ。春菊が持つ特有の苦味も、ビールの上品なほろ苦さと出会うことで、口の中で見事に調和するのだ。

また、春菊は免疫力のUPや、むくみ改善の効果が期待できるのも嬉しい。

〆に最適の一杯!じんわりと温まる極上の味わい


「つゆそば」は、これからの寒い時期にうれしい逸品

最後は〆に味わいたい「つゆそば」を紹介。この一杯は美味しくビールを味わった後に食べるのに最適な一杯だという。

「麺の上に盛りつけられているカブ、ミョウガ、ネギは、全てにカラダを中から温めてくれる効果が期待できる野菜です。だからこそ、ビールを飲んでクールダウンした後、この「つゆそば」を召し上がるのは最高の〆になるでしょう。」と本間さん。


コース最後に味わう料理ながら、するすると胃に収まる美味しさだ

豚の内もも肉と鶏の胸肉で取った丁寧な出汁に、塩を加えたのみのシンプルなスープが絶品!

上にのるミョウガ、ネギ、カブはサッとスープの中で温めてから、最後に麺の上に盛りつける。

細麺と細切りにされたミョウガ、ネギの一体感が抜群で、カブの柔らかな食感もアクセントに。

シンプルな味わいながらも、じんわりとカラダが温まる最高の一杯。これからの時期には、たまらない〆の料理と言えるだろう。


温もりを感じる店内は、肩肘張らずに寛げる

これらの絶品料理を堪能できるのが、赤坂の名店『中華 うずまき』である。同店の料理の主役は“旬の野菜”。

シェフ・柳沼哲哉氏が毎日欠かさず築地に通い目利きし仕入れる野菜に加えて、独自のルートも駆使して東京では手に入りにくい野菜も揃えている。

予約を1日3組限定なのも、「いかに旬の野菜を一番いい状態で提供するか」を思うからこそ。柳沼シェフの野菜への情熱は、皿から沸き立つ湯気と香りからも感じることができるだろう。


コースは8品8,500円コースと、11品10,500円コースの2種

料理は全てシェフのおまかせで、訪れる度に新たな料理との出会いがある。体によくってビールにも合う、一度食べたら忘れられない中華の名店だ。

日に日に秋が深まるこの時期、秋の味覚を堪能すべく『中華うずまき』を訪れてみてはいかがだろう?